Back Zip
2023年12月14日受付スタート

8ホール、10ホールをカッコよく履きたい、でも脱ぎ履きが面倒… サイドジップにすれば改善しますが、ジッパーの見え方に抵抗がある方も多いのではないでしょうか。
そこで提案するのが 「バックジップ」。訪問先から帰る時や座敷での飲み会の後、もう焦らなくても大丈夫。Back Zipにすれば脱ぎ履きが飛躍的に楽になりますよ。
これでフィッティングルームも苦にならないし、履いた後に忘れ物に気付いてもちゃんと脱いで取りに戻れる。AirWairのタブで開け閉めでき、他の人とは被らない最高のビジュアルに生まれ変わります。

Tab Stopper(タブストッパー)の採用
カットした履き口のパイピングからふくらはぎを保護し、激しい動きでもジッパーが開かないようにするため、当店独自のTab Stopperを装着しました。
オリジナルのAirWairプルタブもレザーで加工して取付けますのでルックスも抜群です。
ご依頼いただいた靴の色と同系色の革で作製いたします。
Back Zipカスタム:18,000円(8ホール、10ホール同料金)
8ホール、10ホール以外も対応可能です。金額は別途お問い合わせください。


Use Tab Stopper

タブストッパーの使い方

1. AirWairのプルタブを引上げる
2. タブストッパーにプルタブを通す
3. 全体を通して
4. これで完了

Video

ジッパーは、YKKの高級ライン”EXCELLA”を採用しております。
色は 下記からお選びください。


No.01
シルバー

No.02
ブラックシルバー

No.03
アンティーク

No.04
ブラック

No.05
ライトアンティーク

ファスナーテープ
左:黒、右:濃茶

BIGパッチ加工
準備中 もうしばらくお待ちください

ドクターマーチンにも沢山の種類があり、使用されている革の種類もそれぞれですが、ここでは現行で販売されている表面がツルっとしたガラスレザーについての修理提案です。ガラスレザーは、表面に樹脂コーティングされたもので、スムースレザーよりも光沢があり、雨に強く、磨けばすぐに艶が出るのでお手入れは楽なのですが、一般的なスムースレザーと比べて柔軟性が低くお手入れを怠ると履きジワからクラックが入り、穴があいてしまうケースもあります。大好きなマーチンもこうなると履かなくなりますよね。
あなたのマーチンもこのようになって眠っていませんか?

深い履きジワやクラックの修理は、部分的なチャールズパッチが一般的ですが、写真のようにデザインされた革で全体的に覆うBIGパッチはいかがですか?雰囲気もガラッと変わり、完全に生まれ変わりますよ。ストレートチップタイプ、ウィングチップタイプで対応可能です。クラックや亀裂の程度によってはパテを当ててからパッチを縫い付けております。ミシンの関係で8ホールタイプまでの対応となります。
BIGパッチ加工の受付は、もうしばらくお待ちください。